#5

indonesia mandheling tobako

インドネシア マンデリン トバコ

  • 原産:インドネシア
  • 標高:1,300~1,500m
  • 地域:リントン地区スマトラ
  • 品種:ティピカ
  • 農園:指定農家
  • 規格:G-1
  • サイズ:18
  • 精製:スマトラ式(セミウォッシュド)

マンデリン名産地のシンボル「トバ湖」

インドネシアのスマトラ島、北スマトラ州にある、TOBA(トバ)湖は、ほぼ赤道直下に位置し、南北100km、東西30kmの、世界最大のカルデラ湖ですが、カルデラ湖の特徴として、湖の周囲一帯は、標高900mから1,800mの高原となっており、まさにコーヒー栽培の適地と言えます。湖からの霧に発生が多く、乾季でも降雨が時折ある気候のため、年間降雨量は2,500~3,000

mmと、やや多いですが、これが独特のフレーバーを生む要因かもしれません。